petiteco’s diary

2018年8月 若年性パーキンソン病と診断されました。2児(3歳と0歳)の子育て中。病気と日常生活についての日記です☺︎

入院2日目 2018.8.28

こんばんは😊

先生たちが小さい子もいるからと退院を1日はやめて予定を組んでくれている様で木曜日には退院できそうです☺️

 

娘っこもお利口さんにしてるみたいだし、息子っちはなんと、昨夜は21時から6時まで熟睡してくれた様で、私の母は逆に息が止まってるんじゃないかと何度も目覚めたとか😂

何はともあれ、子どもたち、旦那はん、両親に感謝です✨

 

さて入院2日目レポートいきます🎤

午前中は、匂いの検査と動き・知能・記憶等の検査をしました。

匂いは元から鼻が良い方ではないので、ちょっと難しかったです😅先生が匂いのシートを開けて1つずつ嗅ぎ、右に書いてある5択の回答の中から1つ回答するというもの。12問中7問正解という微妙な結果でした。

先生曰く、鼻が良いと動作緩慢タイプ、鼻が悪いと振戦タイプが多いらしいです。

あとは「か」が初めにつく名詞を時間内に次々答えたり、単語をいくつか聞いて共通点を見つけたり、100から7ずつ引いていく計算をしたり(暗算弱いのでこれ、すごく苦手です。)、動作の確認(太ももを叩きながら手のひらを表裏とくるくる回す。親指と人さし指をパチパチと早く合わせる。等)をしました。

その後ダッドスキャンの注射をして午後からは撮影。

それから、教授回診がありました!まさに白い巨塔「財前教授の総回診です!」の世界😂たくさんの先生が来てすごく緊張しました。

夕方には作業療法士さんとの検査がありました。色々な動きの確認や、お風呂や部屋の模型を使った実践、あとペグボード というものを使って、左に刺さったペグをひっくり返して色を変えて右に刺すという作業なのですが、あまりの下手くそさに驚きすぎて笑えるほど左手が動きませんでした😂

刺すことはできるのですが、上下をクルッとひっくり返すのに時間がかかり結局途中で挫折しました😅

これがペグボード です。ペグは3センチくらいの小ささです。↓

f:id:petiteco:20180828202124j:image

先生はワザと苦手な事が出るようにこの検査をしているので気にしなくていいよとフォローしてくれていましたが😅

手については、動かなくてつらいけれども、時間に余裕のある時はできるだけ動かした方がいいとの事。(私はスーパーで袋に物を入れたり、耳かき、娘っこの髪の毛をくくったりする作業が苦手です)あと、ストレッチが大切なのでして下さいとの事でした。

 

担当の先生からのお話で、飲む薬を検討中との事で、即効性のものではなく緩やかに効いていくもので、小容量から初めて行こうとの事でした😊

いよいよ服薬開始になりそうですが、私は寝起きの調子が良いので、自力でドーパミンをしっかりと出せているのでその力はなるべく落とさず、足りない分を薬で補っていきたいので、できるだけ薬、薬!と薬に頼りすぎない様にしていきましょうとの事でした☺️

 

明日、いやもう今日ですね💦の朝は旦那はんと一緒に先生の話を聞くことになっています。

ダットスキャンの結果も見られるので楽しみです。

 

では3日目も頑張ります✨